こころの支援
(自由診療)

薬は使わず医学的な治療もしません。
カウンセリング、マインドフルネス、イメージ療法、悲嘆療法、催眠療法などを駆使し、気持ち和らいだり内なる自分気づいたりすることを目指しています。
こころや魂の苦悩は解決困難な深い問題ですが、潜在意識下に導いてその解消を進めます。
1回90分(木曜午前、午後)を基本とし、診療料は初回2万円、継続診療が必要な場合は以後1万円で行います。完全予約制で心理催眠療法は宗教でも医療とも関係ありません。

心理/催眠療法

人は誰でも日々催眠状態に入ることがあります。
日常生活においては理性が優位に働いて、物事の判断を担っていますが、誰しも頭で理解していることばかりではないし、また理性で判断しかねることは直感や心の示すところに委ねることもあります。
催眠状態潜在意識と顕在意識がつながった状態です。自分の内面見つめなおす中で奥底にある真の自己の気づきを通して、今の自分に必要なメッセージ感じ取ることができることもあるし、深層に隠れた原因気づき治療を行って解消することもあります。

悲嘆療法

催眠療法を用いて潜在意識に注視していくことで、死別や離別でお会いすることができない大切な人コミュニケーションを図ることにより、こころ癒しに導く療法です。