クリニック紹介

クリニックの概要
当院は在宅訪問診療緩和ケア外来を行っています。がんや慢性疾患、脳梗塞後遺症や神経難病などの慢性疾患や寝たきりであったり障害を抱えていても、住み慣れたおうちで最期まで安心して過ごせるように、かかりつけ医になって定期的な診療に加え、急変時24時間365日対応します。

理念:最期まで安心して笑顔で過ごせる社会を目指します。

指針:頭(知識)と手(技術)を使って、こころ(配慮)を込めた医療を展開します。

当院の特徴
1.機能強化型在宅支援診療所
複数の医師がおり、笠寺病院や地域の医療機関と連携型の協力体制を取って、24時間在宅支援を行っています。通院困難な状況や施設入所などの在宅療養者だけでなく、がんや難病など高度な在宅支援が必要な方に対しても緊急往診や入院手配、意思決定支援(ACP)、看取りの対応を専門にしています。
2.在宅緩和ケア充実型診療所
機能強化型の在宅療養支援診療所の中でも、緩和ケア病棟での20年の経験のある院長が癌性疼痛緩和指導管理およびがん緩和ケアを専門とした在宅緩和ケアを推進している緩和ケア専門のクリニックです。
名古屋市内の緩和ケア病棟やがん拠点病院、院内緩和ケアチームと密に情報連携しています。
3.地域包括支援診療所
地域密着を基本に地域の医師会や医療機関、介護支援事業所、薬局、訪問看護リハビリステーション、老人施設などと多職種で包括支援を行っています。
4.がん緩和ケア外来
名古屋市立大学病院や中京病院、日赤愛知医療センター名古屋第二病院、愛知県がんセンターなどとICT等で情報共有したり受診や検査の予約を通し連携し、がんの方の在宅支援を行っています。
5.在宅医療情報連携
ICT(セコムのクラウド型電子カルテやメディカルケアステーション、連携医療機関ツールなど)を用いて、連携機関や訪問看護ステーション、介護支援事業所、老人施設などと情報共有し速やかな対応を心がけています。オンライン診療の導入もすすめています。
【主な連携医療機関】(あいうえお順)
笠寺病院 とくしげ在宅クリニック にん内科 服部医院 みどり訪問クリニック