緩和ケア

緩和ケアとは

2002年にWHO(世界保健機構)の定義では「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛みや身体的な問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関してきちんとした評価を行い、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、QOLを改善するためのアプローチである」とされています。
長年緩和ケア病棟で2000人を超えるがんの最期を看取ってきました。
最後の場所がどこであれ、私は「がんであっても、尊厳を持って人生を生き切ることのできる社会」の実現を目指し、より多くのがん患者が「病気であっても病人ではない」安心した人生を送れるよう支援していきたいと考えています。
当院におけるがん緩和ケア診療ではがんの方の痛み苦痛苦悩緩和することを目的に、2つの緩和ケア外来を予定しています。がん疼痛を緩和することを主とする疼痛緩和外来と、対話を通してがんや今後を見据えてそこに意義を見出していくことを主とするがん哲学外来です。
どちらも完全予約制で、木曜日午前30分程度の時間を予定しています。(保険診療)